Coinagereview

Aimed to enlighten potential investors about the pros and cons of bitcoin

dAppsはまだ普及しない。その理由とは。

dAppsは普及するにでしょうか?

 

この疑問を多くの人が持っていると思います。

 

果たしてdAppsは普及し、イーサリアムはプラットフォームとしての役割をするのか。

 

dAppsは仮想通貨、(現段階では主にイーサリアム)を用いて作られたアプリのことです。

 

dApps内で使われる仮想通貨はトークンと呼ばれ、そのアプリ内で特定の役割を持ちます。

 

また、そのアプリ内でなくても、他の仮想通貨と交換できたり、それを現金に換金できたりするにが特徴です。

 

さて、このdAppsはブロックチェーンを組み込んでいることから、ほかの従来のアプリとは違うということで、明らかに有望なのですが、一般人の層にまで普及するのでしょうか?

 

おそらくまず、トークン購入のステップを踏むのが面倒くさいと考える人が多くいると思います。

 

dAppsの中にはKYC(本人かくにんのようなもの)を行い始めているとこも多く、安全性は確実に高まっています。

 

しかし、それが逆に痛手となりKYCのプロセスを行うに時間がかかってしまうのです。

 

そしてその上で仮想通貨取引所法定通貨を仮想通貨に替え、その仮想通貨をdApps用のトークンに変換する必要があります。

 

すると、それなら従来のアプリケーションでいいや。と思う人が出てくると思います。

 

もしも、ここまでステップを踏むのなら、もはやそれは儲かるからという理由で、ほぼ投機的な動機でトークンを買うことになってしまいます。

 

すると、もちろんそのdAppsは機能しなくなりますよね?ビットコインやその他仮想通貨は、投機家による高いボラティリティ(変動率)の影響で、本来の目的を果たしにくくなっています。

 

このことから、dAppsが普及するにはまず、利用に至るまでの環境をスムーズにする必要があると思われます。

 

安全性という、最優先事項を飛ばすことはできませんから、そのステップを簡略化できる技術が生まれなくてはなりません。

 

そのことも考えると、一般層にまでdAppsが普及するまでにはもう少し時間がかかりそうです。