Coinagereview

Aimed to enlighten potential investors about the pros and cons of bitcoin

ドイツではコーヒーを仮想通貨で購入しても課税をしない!日本も参考するべきドイツの施策!!

f:id:jlow:20180301185123j:plain

世界各国のビットコインの最新情報を、オリジナルの考察とともにお届けします!また日本のみならず、アメリカやイギリス、その他世界各国で投稿されるニュースも紹介しています!

 

ドイツでは、仮想通貨でコーヒーを購入しても課税をしません。これはよく議論されてきた少額送金、少額購入に対する課税のあたらしいアプローチになります。

 

今回紹介する記事はこちらです!

支払い手段としては課税しない

ドイツは、仮想通貨を支払い手段として使用することでビットコインのユーザーに課税することはない、と財務省は述べています。 火曜日に出版されたこのガイダンスは、ドイツの内国歳入庁が課税目的の財産とみなしている米国と区別しています。つまり、アメリカ人がビットコインでコーヒーを買うと、技術的にはキャピタルゲイン税。 その代わりに、新しい文書によると、ドイツは支払い手段として使用された場合、租税目的のための合法的入札と同等のものとしてビットコインを考慮することになります。

法的な支払い手段として

Bundesministerium der Finanzenは、2015年の付加価値税(VAT)に関する欧州連合裁判所の判決に関する指針に基づいている。 裁判所の判決は、欧州連合(EU)諸国がビットコインに税金を課す前例を作り出し、特定の種類の取引について免除を提供しています。 とりわけ新しいドイツ文書は、仮想通貨を支払の法的方法とみなして今回の決定を正当化しました。 「仮想通貨(Bitcoinなどの暗号通貨)は、取引に関与するこれらのいわゆるバーチャル通貨が代替の契約上の即時支払い手段として受け入れられている限り、法的な支払い手段と同等になります。 課税目的の場合、ビットコインを平日通貨に変換するか、逆に変換することは「課税可能なその他のメリット」であることを意味します。商品の購入者がビットコインで支払う場合、文書によると、売り手が文書化したように、EU加盟国のVAT指令の条項が取引時にビットコインの価格に適用されます。 しかし、EU判決によると、暗号侵害を平文に変換する実際の行為は、「サービスの供給」として分類され、したがって、取引所の仲介者として働く当事者は課税されません。

マイニングも課税されない

書類によれば、デジタルウォレットプロバイダまたは他のサービスに送られる支払手数料も同様に課税されます。 仮想通貨における他の要素も課税されません。ブロック報酬を受け取ったマイナーは、その文書によると、サービスが自主的であるとみなされるため、課税されません。 同様に、仲介業者として自分の名前でビートコインを購入または販売する交換事業者は、免税を受けるが、技術市場として営業している取引所はそのような免除を受けません。

感想・考察

今回、この記事を見たときは衝撃を受けました。なぜなら、仮想通貨の環境としてはこれは理想的な状態であり、日本の目指すべき状態だからです。これは、仮想通貨の普及に大きく貢献することに違いありません。もしも、仮想通貨でコーヒーを購入しようとした場合、いちいち仮想通貨扱いで課税されては困りますよね。他の支払い手段と同等の扱いでなければ、使い勝手がよくありません。是非とも日本もドイツに見習ってほしいものです。

※仮想通貨がマネーゲームと呼ばれる理由は、ボラティリティ(変動率)が常に5%以上あり、その価値の裏付けが不明または存在しないことによると思います。仮想通貨を分析する手法は現時点では公式には存在しません。ですので、インターネットや書籍などで、分析方法が紹介されてる場合は著者が個人的に編み出した分析手法だということを頭に入れておきましょう。分析方法もすでに多く考えられていますが、多くが100%当たるという保証はないので、結局は自分の頭で考えて銘柄を選び、投資することが必要となります。