Coinagereview

Aimed to enlighten potential investors about the pros and cons of bitcoin

【仮想通貨の相関関係が驚きの結果に!?】もし仮想通貨だけでポートフォリオを組んだら#第1号

f:id:jlow:20180226165218j:plain

世界各国のビットコインの最新情報を、オリジナルの考察とともにお届けします!また日本のみならず、アメリカやイギリス、その他世界各国で投稿されるニュースも紹介しています!

 

今回は仮にもし、仮想通貨だけでポートフォリオを組んだらどうなるのか!?という疑問のもと、どういった仮想通貨の組み合わせが最適かということを検証していきます。

BTC+ETH+USDT

今回集計した相関係数は2月1日から2月14日までの間の2週間の期間です。データを集計するのに参考にしたサイトはCoinGeckoです。私は、比較する3つのデータとして、Bitcoin(BTC)とThether(USDT)、そしてEthereum(ETH)を用いました。なぜこの3つを利用したのかというと、最近仮想通貨が話題であり、仮に仮想通貨でポートフォリオを作成する場合、どのような組み合わせが良いのかが気になったからです。そこで、仮想通貨の代表格と言われるBTC、インフラやICO系統に利用されるETH、そして法定通貨であるドル($)にペッグされているUSDTを比較すると相関関係はどうなるのかを検証しました。

気になる相関係数は!?

まず、結果からいうとBTC:USDT= -0.48334、USDT:ETH = -0.52893、 ETH:BTC = 0.950603となりました。この結果から、導き出せる事実はBTCとETHの動きが非常に似ているということです。予想としては、BTCがETHの値動きと強い相関関係を示すと考えました。これは実際に検証した際にも、相関係数が0.950603と、非常に強い連動性を見せました。メディアでは、基本的に仮想通貨はBTCの動きと連動する、と報じています。実際にこのデータをみるとBTCが値上がりすればETHもあがり、BTCが値下がりすればETHも値下がりするということが言える、ということが分かりました。

USDTは同じ動きを見せるのか

それでは、仮想通貨は全てがビットコインに連動して動くのは本当なのでしょうか?ETHはBTCと同じ動きを見せました。しかし、法定通貨にペッグされているUSDTの場合はBTCと強い相関関係を示すのでしょうか。USDTは法定通貨であるドル($)にペッグされているので、その値動きはほとんど$とおなじ動きになります。ですので、仮想通貨でありながら仮想通貨らしくない動きをするので、BTC、ETHとは負の相関関係を示すと考えました。検証した結果、USDTはBTCとは-0.48334でETHに対しては-0.52893であったので、相関関係は負の相関だということが言えます。これはようするに、BTCやETHの値が上がっても下がっても、USDTの動きはそれに連動して動くというようなことはあまりない、ということになります。

結局、ポートフォリオは??

リスクヘッジの視点からポートフォリオを組むときは、BTC、ETH、USDTの3組に分散投資するのはいい考えでしょうか?結論はNOです。それはBTCとETHがほとんど同じ値動きをしており、リスクヘッジができていないからです。上記3組に投資額全体の1/3ずつを投資する場合はBTCとETHが同じ動きなので、2/3もの投資額を一つの動きにかけていることになります。そうなると上手くリスクヘッジができている状態だとは言えません。ですので、BTCとUSDTに投資額全体の1/3ずつ投資する場合、もう一つの投資アセットはETHにしない方がいいと考えます。できれば債券や株式など、他の投資対象もポートフォリオに組み込む方がリスク管理という観点からは良いと考えます。

※データ一覧

2週間に渡って集計したデータを下の表にまとめました。

2月1日 2月2日 2月3日 2月4日 2月5日 2月6日 2月7日 2月8日 2月9日 2月10日 2月11日 2月12日 2月13日 2月14日

上段がBTC、中段がUSDT、下段ETHです。

そして、左から順に2月1日、2日、3日…という様に並べてあります。

1104579 992609 972439 990385 916960 747777 845717 831446 891191 941172 932899 888764 969208 931542

108.46 107.09 108.96 110.04 109.82 110.3 109.18 109.19 110.51 108.98 109.39 109.53 108.92 107.63

120798 111759 100726 103697 92064 74680 86174 82131 87703 94797 92950 88922 93832 90602

※仮想通貨がマネーゲームと呼ばれる理由は、ボラティリティ(変動率)が常に5%以上あり、その価値の裏付けが不明または存在しないことによると思います。仮想通貨を分析する手法は現時点では公式には存在しません。ですので、インターネットや書籍などで、分析方法が紹介されてる場合は著者が個人的に編み出した分析手法だということを頭に入れておきましょう。分析方法もすでに多く考えられていますが、多くが100%当たるという保証はないので、結局は自分の頭で考えて銘柄を選び、投資することが必要となります。