Coinagereview

Aimed to enlighten potential investors about the pros and cons of bitcoin

【 バンク・オブ・アメリカ】我々の「不適応」が仮想通貨との競争の、最大の敗因になる理由。

f:id:jlow:20180224141731j:plain

世界各国のビットコインの最新情報を、オリジナルの考察とともにお届けします!また日本のみならず、アメリカやイギリス、その他世界各国で投稿されるニュースも紹介しています!

 

今回紹介する記事はこちらです!

バンク・オブ・アメリカの「不適応」

バンク・オブ・アメリカBoA)は、米国規制当局に、仮想通貨の利用の増加になんの対応もすることができないと認めました。 今週米国証券取引委員会(SEC)の年次報告書で2月22日に提出された、米国の大手銀行は、競争力を維持しようとすると「実質的支出」を引き起こす可能性のある領域として、 BoAは「進化する業界標準と消費者の好みに合わせて当社の製品やサービスを適応させることができないと、当社のビジネスに害を及ぼす可能性がある」と述べています。 世界中の銀行が仮想通貨の現象を認識するにつれて、直接的な相互作用は依然として低いままです。

fwrf

欧州中央銀行(ECB)が、今月初めにこの地域の法律を制定するための手をつけたアプローチを選択したことを確認した理由は、 BoAは、2017年12月に提案された仮想通貨交換システムの特許を取得し、この分野で革新を図ってきましたが、クレジットカードによる仮想通貨の購入からクライアントをブロックした直後に批判の対象となりました。 SECへの報告が続くにつれて、競合他社の中核となるビジネス・オファリングに対する脅威への意識が明確になっています。BoAの手数料ベースの商品およびサービスから純利益率および収益が減少する可能性がある。さらに、インターネットサービス、仮想通貨、支払いシステムなどの新技術の普及は、既存の製品やサービスを変更または適応するために多額の支出を必要とする可能性があります。 同銀行はまた、スタッフ維持の失敗や、金融サービス業界の「競争の激化」を見通しに悪影響を与えると指摘しました。

銀行と仮想通貨

バンク・オブ・アメリカの会議室で仮想通貨に対する議論が長々と行われているのが想像できますね。おそらく賛成派と反対派の2派にわかれて議論がなされているかと思います。仮想通貨が普及するからといって、銀行はなくならないでしょう。どのビジネスにも共通して言えることですが、時代の変化とともに事業の内容は徐々に変化していくのです。富士フィルムや総合商社などをみるとこの変化が分かります。富士フィルムや総合商社などは昔行っていた事業をとりまく環境が変化したので、うまく順応してなんとか生き残ることが出来ました。しかし、変化に対応しきれない会社は取り残されてしまうとおもいます。銀行もMUFGコインに見るように仮想通貨を利用しようと思えば、できるのです。今後銀行と仮想通貨がどのように相互に影響を与えていくのかが見物になりそうですね。

※仮想通貨がマネーゲームと呼ばれる理由は、ボラティリティ(変動率)が常に5%以上あり、その価値の裏付けが不明または存在しないことによると思います。仮想通貨を分析する手法は現時点では公式には存在しません。ですので、インターネットや書籍などで、分析方法が紹介されてる場合は著者が個人的に編み出した分析手法だということを頭に入れておきましょう。分析方法もすでに多く考えられていますが、多くが100%当たるという保証はないので、結局は自分の頭で考えて銘柄を選び、投資することが必要となります。