Coinagereview

Aimed to enlighten potential investors about the pros and cons of bitcoin

【Teslaがマイニング被害】テスラ・モーターズがクラウドマイニングハッキングの被害にあう!

f:id:jlow:20180222122929j:plain

世界各国のビットコインの最新情報を、オリジナルの考察とともにお届けします!また日本のみならず、アメリカやイギリス、その他世界各国で投稿されるニュースも紹介しています!あのイーロン・マスク氏が経営するテスラ・モーターズが今回、クラウドマイニングの被害にあいました!

 

今回紹介する記事はこちらです!

AWSをターゲットに

クラウドセキュリティインテリジェンス(CSI)のRedLockは、TeslaのAmazon Web Service(AWS)ソフトウェアコンテナをターゲットにした新しい暗号化の事例を公開している、とRedLockのブログに2月20日に報じました。

 

ハッカーは、パスワードで保護されていないKubernetesソフトウェアコンテナに侵入して、TeslaのAWSアクセス認証情報にアクセスしました。ハッカーは、その後しばらくの間、暗号化通信のためにKubernetesコンテナを使用しました。

独自のマイニングプール

RedLockのCSIチームは、昨年10月、AvivaとGemalt®の企業でBitcoin(BTC)マイニングの目的で同様のAWSのハックを公開しました。これらの企業は、Teslaのように、管理コンソール用のパスワードを持っていませんでした。 テスラハックはうまく偽装されていました。

 

ハッカーたちはすでに知られているマイニングプールを使用せず、悪意のあるスクリプトを「非公開」のエンドポイントに接続して疑わしい活動を検出する能力を複雑にするようにしました。

du

ハッカーたちはまた、CPU使用率を低く抑えて、見つからないようにし、無料のコンテンツ配信ネットワークCloudFlareの背後にあるマイニングプールのIPアドレスを隠していたと、RedLockが報告しました。 テスラは昨年、同社が意図しない方法でBitcoinを掘り起こすための技術を使用する革新的な方法について、すでにこのニュースを発表していました。

 

2017年12月、Tesla S電気自動車のオーナーは、車のスーパーチャージャーでBitcoinを採掘し、マイニングリグをトランクに設置したと報告しました。 「Teslaの暗号化攻撃の教訓」と題したRedLockのブログ記事では、構成、ネットワークトラフィック、および疑わしいユーザーの動作を監視するという、同様の暗号違反の事態を未然に防ぐための提案があります。

※仮想通貨がマネーゲームと呼ばれる理由は、ボラティリティ(変動率)が常に5%以上あり、その価値の裏付けが不明または存在しないことによると思います。仮想通貨を分析する手法は現時点では公式には存在しません。ですので、インターネットや書籍などで、分析方法が紹介されてる場合は著者が個人的に編み出した分析手法だということを頭に入れておきましょう。分析方法もすでに多く考えられていますが、多くが100%当たるという保証はないので、結局は自分の頭で考えて銘柄を選び、投資することが必要となります。