Coinagereview

Aimed to enlighten potential investors about the pros and cons of bitcoin

オーストラリアの大学でブロックチェーンの授業を開講!?大学で相次ぐブロックチェーンの講座

f:id:jlow:20180220183812j:plain

世界各国のビットコインの最新情報を、オリジナルの考察とともにお届けします!また日本のみならず、アメリカやイギリス、その他世界各国で投稿されるニュースも紹介しています!

 

とあるオーストラリアの大学で、仮想通貨の元となる技術であるブロックチェーンについての講座を開講することが決まりました!これはオーストラリアでは初めてのことです!

 

今回紹介する記事はこちらです!

オーストラリアではじめて!

オーストラリアにある公的な研究機関である、RMITは今回8週間に渡って開講される「Developing Blockchain Technology」という授業を開講することを決定しました。今回の講座はRMITのBlockchain Innovation Hubとコンサル企業のAccenture、そしてフィンテックのハブであるStone&Chalkによってデザインされました。この講座では仕組みをただ理解するだけではなく、実際にどう戦略的に利用することができるかということを学ぶことが出来ます。

アメリカでは既に開講済み!

実はアメリカでは、ブロックチェーンに関する授業がいくつか既に開講されています。MITやUC Berkleyではこれらの授業は数年前に開講されました。この動きはブロックチェーン技術が世の中に普及していくにつれて、どんどんと広がっていくことでしょう。ブロックチェーンの仕組みのみならず、それをうまく活用する方法をほとんどの人が知らない今だからこそ、それを学習することに意義があるでしょう。例え、専門的に学習しなくても、教養レベルで習得するだけでも大きな意義があると思います。

オーストラリアは技術先進国

オーストラリアは技術先進国と言って良いでしょう。昨年12月にAustralian Security Exchange's (ASX)はブロックチェーン技術を資産のプロレスシステムに用いると発表しました。既存のプロセスシステムを完全にブロックチェーン上にのせる予定だそうです。また、ブリスベン空港は全ターミナルを仮想通貨フレンドリーにすることを検討してるそうです。ブリスベン空港は将来的にはビットコインイーサリアム、そしてダッシュコインの利用を考えているそうです。

※仮想通貨がマネーゲームと呼ばれる理由は、ボラティリティ(変動率)が常に5%以上あり、その価値の裏付けが不明または存在しないことによると思います。仮想通貨を分析する手法は現時点では公式には存在しません。ですので、インターネットや書籍などで、分析方法が紹介されてる場合は著者が個人的に編み出した分析手法だということを頭に入れておきましょう。分析方法もすでに多く考えられていますが、多くが100%当たるという保証はないので、結局は自分の頭で考えて銘柄を選び、投資することが必要となります。