Coinagereview

Aimed to enlighten potential investors about the pros and cons of bitcoin

何が何だか分からない!★仮想通貨用語集:第11号★分かりやすく解説!

f:id:jlow:20180106120613j:plain

世界各国のビットコインの最新情報を、オリジナルの考察とともにお届けします!また日本のみならず、アメリカやイギリス、その他世界各国で投稿されるニュースも紹介したりしています!

 

最近仮想通貨を始めてみたけど、何を言っているのか全く分からない!という方々、今回は仮想通貨用語を3つ、分かりやすく解説します!

KYC

KYCはKnow Your Customerの略。銀行口座開設の際に、架空の人物・法人の口座などのマネーロンダリングを防止します。その過程で個人情報うあ法人情報の提示を求められます。仮想通貨の場合、仮想通貨の取引所が口座開設の条件として免許証と証明写真の提出、住所確認のためのハガキの受け取りを義務付けているところが多いです。最近はICOなどでもこのプロセスが重要視されつつあります。

スケーラビリティ

スケーラビリティとは、簡単に言うと拡張という意味です。電気通信やソフトウェア工学において広く使われる用語ですが、仮想通貨に対して用いられる場合は「スケーラビリティ問題」として、「ブロックサイズ問題」とほぼ同じ意味で使われている。これは拡張ができない、またはひとつひとつのブロックチェーンのブロックの大きさについての問題のことです。スケーラビリティはよく使うので覚えておきましょう。

ハードフォーク

ブロックチェーンプロトコルに規定された規制緩和を行うことで発生するブロックチェーンの分岐のことになります。ハードフォークが起こると、新しいルールを採用しないノードは、新ルールが適用されたブロックを無効として却下します。これにより、新しいルールを採用するノードと採用しないノードとの間で、有効なチェーンの判断に不一致が生じ、分岐状態が続きます。そのため、新しいチェーンと古いチェーンはそれぞれが別のコインとして扱われることになります。この例えとして、ビットコイン・キャッシュやイーサリアム・クラシックなどがビットコインイーサリアムから分岐して生まれました。

※仮想通貨がマネーゲームと呼ばれる理由は、ボラティリティ(変動率)が常に5%以上あり、その価値の裏付けが不明または存在しないことによると思います。仮想通貨を分析する手法は現時点では公式には存在しません。ですので、インターネットや書籍などで、分析方法が紹介されてる場合は著者が個人的に編み出した分析手法だということを頭に入れておきましょう。分析方法もすでに多く考えられていますが、多くが100%当たるという保証はないので、結局は自分の頭で考えて銘柄を選び、投資することが必要となります。