Coinagereview

Aimed to enlighten potential investors about the pros and cons of bitcoin

【ウォール街とイーサリアム】専門家によると、ウォール街のイーサリアム化は不可欠であるようだ。

f:id:jlow:20180209213337j:plain

世界各国のビットコインの最新情報を、オリジナルの考察とともにお届けします!また日本のみならず、アメリカやイギリス、その他世界各国で投稿されるニュースも紹介したりしています!

 

アメリカ、ニューヨークにあるウォール街。世界でも有数の金融地区であり、世界経済を動かしているといっても過言ではありません。ウォール街に位置していた、リーマン・ブラザーズは世界的な大恐慌を引き起こしたことは記憶に新しいですね。そのウォール・ストリートがイーサリム化していくというニュースが流れ込んできたのです!

 

今回紹介する記事はこちらです。

cointelegraph.com

スマート・コントラクト

Ethereum Blockchainのすばらしいところは、資金調達を非常に簡単にしたところにあります。あなたがしなければならないことは、ICOを行うためのスマートな契約を作ることだけです。契約アドレスにETH(Ethereumトークン)が送信されるたびに、契約書に新しく記入されたトークンが発行され、自動的に送付者に送り返されます。 Ethereumは投資銀行を冗長にしているので、ウォールストリートは恐ろしいはずです。 歴史的にはウォールストリートでは書籍ビル(投資家が証券を購入するように並べるプロセス)が非常にジューシーであり、投資銀行は資産管理者と債務(債券提供)または株式(IPO)を調達しようとする企業または政府の仲介者であり、最近まで、れらをバイパスする方法はありませんでした。しかし、今はあります。銀行はまだその痛みを感じ始めていないかも知れません。

イーサリアムで仲介者を不要に

Uberがやっていることは、銀行がすでにやっていることです。つまり、資本の供給を需要(投資家)と結びつけ、 Uberは、供給と需要がちょうど非効率的に結びついているところが発明されて以来、進化していなかったセクターを単に混乱させました。銀行はすでに需要と供給を結んでいますが、ブロックチェーン技術が導入されると、少なくとも今行っている業務は、もはや必要ではなくなります。債券市場の現在の動きは、多くの投資家を引き離す。 1つの債券を購入するには、しばしば5,000〜200,000ドルが必要です。したがって、多くの投資家は、債券のバスケットを含むミューチュアルファンドやETFを購入する以外に選択肢がありません。スマートボンドで誰でも10ドルほどの投資をして債券を得ることができます。自国に投資したいディアスポラ投資家はそうすることができます。中小企業は、商業銀行が提供することができるものを超えて新しい資金調達オプションにアクセスすることができます。 ICOは始まりに過ぎず、金融市場の実質的な混乱はまだ起こっていません。これからのイーサリアム化がこれからも進んでいくことは必至でしょう。

※仮想通貨がマネーゲームと呼ばれる理由は、ボラティリティ(変動率)が常に5%以上あり、その価値の裏付けが不明または存在しないことによると思います。仮想通貨を分析する手法は現時点では公式には存在しません。ですので、インターネットや書籍などで、分析方法が紹介されてる場合は著者が個人的に編み出した分析手法だということを頭に入れておきましょう。分析方法もすでに多く考えられていますが、多くが100%当たるという保証はないので、結局は自分の頭で考えて銘柄を選び、投資することが必要となります。