Coinagereview

Aimed to enlighten potential investors about the pros and cons of bitcoin

ビットコインの短期取引には大衆の動きを読むべきである。

f:id:jlow:20180126194911j:plain

世界各国のビットコインの最新情報を、オリジナルの考察とともにお届けします!また日本のみならず、アメリカやイギリス、その他世界各国で投稿されるニュースも紹介しています!

 

今回は持論を少しだけ展開したいと思います。

世間の動きを読む能力

世間の動きを読む能力というのは、何をするにも必要な能力になります。政治ではうまく世の中の動きを把握し、市民が何を求めており、何を必要としているかを理解しなければなりません。営業では世の中の流れを読み取り、ニーズをうまく押さえた売り込みが必要になってきます。このように、ありとあらゆるところで「世間の動きを読む能力」といういうのは使うことになると思います。そして、勿論この世間の動きを読む能力は仮想通貨を取引する際にも必要となってくるのです。

高速イナゴをうまく利用する。

Coinagereviewを普段から読んでいる方であれば、高速イナゴというものがどういうものか知っているはずです。高速イナゴというのは、材料(仮想通貨に関連する事件や発言など)が流れてきたときに、いち早く行動するトレーダーのことを言います。彼らは材料を吟味せずに、「悪そう」「良さそう」という非常に曖昧な判断基準でトレードを行う習性を持っています。実は仮想通貨界では彼らは割と多く存在していることが分かっています。そのため、トレードをする際にはこの高速イナゴの動きを予測することが重要になってくるのです。

仮想通貨の本質とは関係ない

実は高速イナゴの動きを読むには、仮想通貨についてはあまり勉強しなくてもいいのです。なぜかというと、仮想通貨について勉強すれば自然と仮想通貨についての理解が深まってきます。すると、技術的に有望な仮想通貨が見えてくるはずです。仮想通貨を本質的に理解するようになると、周りの意見は自分に対して影響力をあまり持たなくなります。そして高速イナゴの動きも無視して取引をするようになるのです。これは長期取引をする際には必要になってくることですが、短期取引には必要のないことなのです。ですので、短期取引をしたい人は、高速イナゴの動きをうまく利用するひつようがあり、逆に技術に関する勉強はそこまで必要のないことなのです。

高速イナゴになるのが一番いいのか

現状、仮想通貨の取引をしている人たちには仮想通貨にあまり詳しくない人が多いです。彼らは儲けたいが一心に、仮想通貨を投機対象として見ており、いちはやく多くの現金を手に入れたいのです。基本的に彼らは高速イナゴの動きに便乗し、仮想通貨の値動きを大きく動かす存在になるのです。すると、結局は高速イナゴになるのが一番いいのではないかという声があがってきそうである。しかし、実は高速イナゴになることも非常にリスキーであり、うまくいけば大きく資産が増えるものの、失敗した時は大きく資産が減ります。ですので、高速イナゴと大衆の動きの双方を見据えた投資をするのが最も良いでしょう。

 

※仮想通貨がマネーゲームと呼ばれる理由は、ボラティリティ(変動率)が常に5%以上あり、その価値の裏付けが不明または存在しないことによると思います。仮想通貨を分析する手法は現時点では公式には存在しません。ですので、インターネットや書籍などで、分析方法が紹介されてる場合は著者が個人的に編み出した分析手法だということを頭に入れておきましょう。分析方法もすでに多く考えられていますが、多くが100%当たるという保証はないので、結局は自分の頭で考えて銘柄を選び、投資することが必要となります。