Coinagereview

Aimed to enlighten potential investors about the pros and cons of bitcoin

Coinage//ブロックチェーンは近々、必ず映画産業に入り込む!!

f:id:jlow:20171218172557j:plain

//今回紹介する記事はこちらです。

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

distributed.com

 

//この記事の要点

  1. テレビ業界やハリウッドには様々な不平等がある
  2. ブロックチェーン技術が資金調達に使える
  3. ブロックチェーン技術は流通、著作権管理、貨幣等にも使える

 

//この記事の本文

 

映画の脚本と、映画を見ている聴衆との間には、ステークホルダーの声を上げている人が必ずいます。プロデューサー、スタジオ、流通ネットワーク、製品配置代理店、代理店、テレビネットワーク、才能代理店はすべて報酬が支払わなければなりません。さらには、弁護士という存在も忘れないでください。

David Loftsは、ブロックチェーンの技術を主張する多くの人の一人であり、そのすべてを変えたいと考えています。エグゼクティブプロデューサーでもあり、英国に本拠を置く生産拠点「21 Million」のクリエイティブディレクターは、資金調達から始まめることで、全プロセスを変えたいと考えています。

彼はハリウッドの組織について、「彼らは、どのように動いているのか、何が起こっているのか、そしてどこの資金がどこにあるのかを、部外者に知ってほしがらない。」 「それが私にとっての決め手であった。それは映画やテレビの不公平な性質だった」と彼は付け加えた。

Loftsは、人気が高いにもかかわらず「公式」の利益を上げなかった、最も成功した映画の1つである「Return of the Jedi」を挙げました。他の映画の多くも、これと同様の例を提供しています。現在4億ドルの訴訟の対象となっている「This is Snipal Tap」もこの例に入ります。


 

ブロックチェーンが映画業界の仲介者を排除することができたらどうなりますか?少数の映画幹部が映画に緑色の光を当てるのを待つのではなく、代わりにブロックチェーンを使ったクラウドファンディングを使っている映画もあります。

「21 Million」は、テレビのスリラーであり、暗号侵害とスパイの世界のシリーズです。しかし、シリーズの革新性は、その主題を超えています。生産を支えるためにEthereumブロックチェーンを使用しています。 6月の初期コイン・オファーでは、生産資金のために使用されたトークンの半分が投資家に売却されました。もう半分は生産に参加している人に配布されています。

TVシリーズが収益を上げ始めると、収入は所有権に基づいてトーク保有者に割り当てられます、とロフトは言及しました。これはトークンが多いほど支払われることを意味します。これにより効果的にトークンをロイヤリティポイントに変換します。 「21 Million」で使用されるロイヤリティベースのトークンシステムの美しさは、トークンホルダーが入力に基づいて補償されることです(プロデューサーはおそらく最初のグリップよりも多くのトークンを持つでしょう)。

革新的ではあるものの、「21 Million」ブロック・チェーンを通じて資金を調達する唯一の映画/テレビ業界のプロジェクトではありません。若干異なるモデルを追求し、スリラー映画「Braid」のチームは、WeiFundクラウドファンデーションポータルとJoseph LubinのConsenSysベンチャープロダクションスタジオと協力して、Ethereumベースのクラウドセールで170万ドルを調達しました。

これらおよびその他の開発のおかげで、クラウドファンディング活動だけでなく、著作権管理、流通、貨幣化などの映画ライフサイクルの他の側面もサポートするプラットフォームが登場しています。 Lubin関連の別のプロジェクトであるSingularDTVは、これらすべてのプロセスを処理するように設計されています。

著作権侵害が起こった後、これは映画やテレビ業界にとって常に問題となっています。毎年、Hive-CM8のようなハッキンググループは、賞の季節の前に新しい映画をオンラインで流出させます。視聴者は不正なコンテンツを歓迎し、2016年に海賊版ストリーミングウェブサイトに777億回の訪問を積みました。 ブロックチェーンがこの複雑な問題にも解決策を提供できると信じている人もいます。オーストラリアの会社Veredictumは、違法なコピーを特定するビデオの透かし入れと、映画や番組を手頃な価格で提供する配信ネットワークを作り、海賊行為の動機を減らす2つのアプローチを取っています。 Custosは、Bitcoinを使用して、オンライン著作権侵害防止警備員に動機を与えます。この会社は、映画の正当なコピーをデジタル形式で透かし入れ、それぞれを個別に受信者にリンクします。また、Bitcoinの報酬を直接ファイルのメタデータに埋め込みます。著作権侵害犯罪者「バウンティハンター」
がファイルをオンラインで見つけた場合、彼らはその報酬を請求することができます。ウォーターマークは、漏洩の原因となったCustosとその顧客に伝えます。 「21 Million」の次は?と聞かれるとLoftsは、「これは執筆時点での試作前であり、そのトークンは開始価格よりも低い取引をしています」、と言う。

しかし、Loftsは心配していません。 「私たちは、トレードではなく開催するトークンを特別に設計しました」と彼は言いました。 「これはロイヤルティ・トークンなので、売却すれば行動の一部を失うことになるので、現在の価格はあまり心配していない」 Lofts氏は、市場にもう一つのただの「ポンプ・アンド・ダンプ」トークンは必要ないと付け加えました。 「これは映画ファンのためのものだ」と彼は言いました。 しかし、ただ映画ファンのためだけではありません。Loftsは、フィルムやテレビ制作のより平等なアプローチが、ハリウッドの電力不均衡を是正し、最近の報道の注目を集めている虐待の種類を打ち消すことを望んでいる。それは誰にとっても良い結果になるでしょう。